光でんわについて

光でんわについて思うことがあるのです。

現在、光回線を利用した光電話が多くの世帯に普及してきている。私が住んでいる地域ではNTT西日本のフレッツ光を利用したもの、電力系のコミュファ光を利用したものが光回線のメインとなっている。

 

以前のようにアナログの電話回線を引くときのようにお金がかからないため、インターネットの回線を光回線で引くときについでに電話も引けるという手軽な面があるため利用している場合が多いと思われるし、利用したほうが割安感が出ることもある。

 

光電話の技術は、かなり普及をし始めてから年数も経っているので、進歩し確立されてきていると思われるが、特に利用者が多いNTT西日本のフレッツに関しては、利用が集中した場合に、障害や遅延に関して問題が発生することは発生しているように感じている。それをウェブサイトなどで100%公開しているとは思えず、問い合わせに対しての対応がきちんとできているかは疑問が残る。

 

インターネットに関しては集中による遅延や障害などが発生しても仕方がないと感じているユーザーが多く、携帯電話が普及している現状があり、おまけでついてくるような光電話にどこまで求めるかはひとそれぞれかもしれないが、電話に関しては本来、アクセスが集中したから遅延する、障害が起こりやすくなるといったことがあってはいけない大事なインフラだと感じています。

 

過去のものは古いからといったセールストークでアナログ電話と光電話に置き換えるように勧めてきた例も実際に聞いているので、現状の光電話については大事な部分を見落としているのではと感じずにはいられません。